子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長を参考に。身長を伸ばすサプリメントの比較も。

子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長

子供の身長が低いかな?

お友達より成長が少し遅い気がする?

 

周りのお友達より背が低くて心配になるママも多いようです。

 

栄養も考えながら、毎日ご飯を作っているけど、どうして??

って悩むこともあると思います。

 

身長を伸ばす栄養って

身長を伸ばす栄養と言えば『カルシウム』が一番思い浮かびます。

昔の人は、牛乳を飲んだり小魚を骨ごと食べれば背は高くなるって言っていました。

カルシウム 子供の身長を伸ばす 栄養

カルシウムさえしっかりと摂っていれば身長は高くなるという都市伝説を信じていました。

 

でも、カルシウムだけでは十分な成長のサポートにはならないんですね。

 

骨の成長

身長を伸ばすってことは、骨の成長が必要です。

その骨の成長にカルシウムはもちろん必要です。

骨の成長 カルシウム

骨の成長を少し説明します。

 

まず、骨の土台に必要なのがタンパク質。

その土台の上にカルシウムやリンがひっつき、硬く丈夫な骨が出来ます。

 

それにプラスして、マグネシウムで骨の強度や弾力性を調整して、骨の健康維持を担ってくれます。

 

まず、大事なのは骨の土台のタンパク質です。

骨の土台 タンパク質

このタンパク質の原材料となるのがアミノ酸です。

骨の土台となるタンパク質を育てるために必要な『非必須アミノ酸』の一つである【アルギニン】。

アルギニンは体内でも合成されますが、子供の成長を促す量を食事でとるとなると

  1. 鶏肉330g程度/毎日
  2. エビ210g以上/毎日
  3. 高野豆腐100以上/毎日

毎日欠かさず摂り続けるって、難しいと思いませんか?

 

しっかりとした土台を作るために必要なタンパク質の一番核となる栄養がアルギニンです。

カルシウムより先に意識すべき栄養です。

 

ビタミン類でいうと、

  • ビタミンDはカルシウムの吸収を促進します。
  • ビタミンKは骨の土台にカルシウムをくっつける役割
  • ビタミンCはタンパク質の生成と鉄分の吸収を高める
  • ビタミンB6はタンパク質同士の合成・土台の強化の役割

 

子供の身長を伸ばす栄養という意味では

カルシウムとアルギニンとビタミンがバランスよく摂れるかどうか。

子供 身長 伸ばす

 

カルシウムだけを摂っていても、土台がシッカリと作られていなければ意味がありません。

 

ただ、最近はアレルギー体質の子供が増えているので、なかなかバランスよく食事を作るってことが、本当に難しくなってきてママの負担が大きくなっています。

 

カルシウムだけを考えてみても乳製品が全てダメな子供。

海産物や甲殻類アレルギーを持つ子供。

大豆類がダメな子供。

 

カルシウムが豊富だと言われている食品の中でも、アレルギー反応を起こす食品が非常に多いので栄養が偏ることが想像できます。

 

<カルシウムが豊富な食品>
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(わかめ、しらす干し、ワカサギ、干しえび、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・大豆製品、ごま(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

 

タンパク質を多く含む食品をみても、アレルギーのためにNGって食品が非常に多いです。

 

<タンパク質が豊富な食品>
・肉類(豚肉、牛肉、鶏肉など)
・魚類(マグロ、カツオ、ブリ、サンマ、クルマエビなど)
・たまご
・豆類(豆腐など)
・乳製品(牛乳、チーズなど)

 

身長を伸ばす栄養を食事だけでバランスよく摂っていく事は、ママにとって非常に無理難題を押し付けられているようなものです。

 

成長期

子供の成長期は第一次成長期と第二次成長期に分かれます。

生まれてから4歳くらいまでを第一次成長期と言います。

この時期は、一気に成長をします。

子供 第一次成長期

 

生まれたときは50センチくらいの子供が、1年間で30センチほど伸びて80センチくらいまで大きくなります。

そして、4歳くらいまでに生まれたときの倍近い身長にまで育ちます。

 

この時期に、周りのお友達との差を見て心配になるママが多いようです。

お友達に比べてうちの子供は大きくならないって感じるようです。

 

第二次成長期は思春期です。

第二次成長期

第一次成長期を過ぎると1年に5センチくらいずつゆっくりと伸びていきます。

そして、思春期と言われる時期にまた大きく大人の体に変化していきます。

 

第二次成長期の時期は女子と男子で差があります。

女子は早い子で7歳の終わり頃から。

平均して10歳くらいから始まります。

 

男子は早い子で9歳、平均で11歳中頃です。

成長期 グラフ

やっぱり女の子の方が『おませさん』と言われる意味も分かりますね。

 

 

子供の平均身長

平均身長の表を参考にしてみてください。

子供の平均身長
年齢 男子 女子
5歳 110.7cm 109.9cm
6歳 116.7cm 115.8cm
7歳 122.6cm 121.7cm
8歳 128.3cm 127.5cm
9歳 133.6cm 133.5cm
10歳 138.9cm 140.3cm
11歳 145.1cm 146.9cm
12歳 152.5cm 151.9cm
13歳 159.7cm 154.9cm
14歳 165.2cm 156.7cm
15歳 168.5cm 157.3cm
16歳 169.9cm 157.7cm
17歳 170.8cm 157.9cm

 

あくまでも子供の平均身長です。

この平均身長より低いからダメとか、そういう事は考えなくて良いです。

参考程度にしてください。

 

子供の個体差によって、14歳からいきなりグングン伸びて平均身長を10センチ上回って大きくなったという話もたくさんあります。

 

身長を伸ばすサプリ

身長に良い栄養はカルシウムとビタミンとアルギニン。

バランスの良い食事は基本中の基本ですが、子供の好き嫌いやアレルギーの関係でなかなか献立が難しいです。

バランスの良い食事

そういう人は、サプリで補う事をオススメします。

サプリメント本来の摂り方は、足りない栄養を補う事です。

 

昔の人は、意地でも嫌いなものを食べさせるという教育だったようですが、体質的に摂れない子供もたくさんいます。

そういう子供に限らず、必要な栄養だけどどうしても食事で摂れない栄養を補うために生まれたのが【サプリメント】です。

 

子供の身長を伸ばすサプリメント

少し前までなら子供の身長を伸ばすサプリメントの主役は【カルシウム】でした。

一昔前 カルシウム 子供の身長 栄養

骨=カルシウムだったからです。

研究も進化して骨の元の元、タンパク質。

そのタンパク質を生成するために必要な栄養素。

 

本当の核となる栄養素に注目したサプリメントが増えています。

 

それが、アルギニンです。

 

ただ、サプリメントも栄養バランスを考えているものと、特化したものがあります。

 

子供の身長を伸ばすサプリメントを選ぶポイントとしては、

  • アレルギーフリー
  • 飲みやすさ
  • 栄養バランス

この3つを押さえておけば良いと思います。

 

カルシウムばっかり摂っていても、必要なタンパク質が弱ければ意味がありません。

バランスが非常に大事なポイントになります。

 

まとめ

子供には第一次成長期と第二次成長期があります。

成長した子供

第一次成長期の時は、個体差が大きいのでそこまで心配しなくても良いのではと思います。

 

第二次成長期に入った子供、また向かっている子供の栄養バランスを考えてあげましょう。

アレルギーがある子供や好き嫌いがある子供のためにはサプリメントで必要な栄養をバランスよく補いましょう。

 

サプリメントを選ぶときは子供が嫌がらない、飲み続けられる事が大事なポイントになります。

 

オススメのサプリ

アルギニンに注目した子供の成長をサポートするサプリです。

☆幼稚園児でも食べやすいタブレットタイプです。

☆飽きさせないココア味が子供に評判です。

 

アルギニン サプリ
子供の感想

ニオイは完全なココア。食べてみるとココアの味だけど少し薄いココア味。ミンティアのようなタブレットのココア味を食べている感じ。何個でも食べてしまうので1日3個までって制限が少し残念。

アルギニン サプリ

一粒は8~9ミリ前後。

飲むものではなく、噛んだりなめたりして食べるので大きさは問題ないようです。

 

 

先着500名様30日間返金保証付き

990円のキャンペーン中です。

 

下記をクリックしてキャンペーンを確認してください。

 

 

更新日:

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.